遠方にある相続した土地が曽祖父の名義になっており、長い間名義変更されていなかったケース

zirei6-thumb-650x559-295

状況

①新潟市に住んでいる父親が亡くなってしまい、船橋に住んでいる鈴木さん(61歳)から当事務所にご相談いただきました。
亡くなった父親の住んでいた土地の内の1つに曽祖父名義のままになっているものがありました。その土地を鈴木さん名義に変更したいというご依頼でした。

司法書士の提案&お手伝い

①祖父が曽祖父の家督相続をしていたことが戸籍の記載によって分かりました。
その祖父から父親にその土地を引き継いだ証明となるのが遺産分割協議書です。
鈴木さんは新潟に行き30年前に祖父が死亡した時に作成したと思われる遺産分割協議書を探して貰いました。

結果

①30年ほど前の遺産分割協議書には父親が全ての財産を相続する旨の協議がされておりましたので、曽祖父の名義になっていた土地を無事に鈴木さんの名義に変更することができました。

当事務所のサポート内容

相続に関して、以下のようなことにお悩みではありませんか?

・相続手続きをしなければならない遺産がたくさんあり、何から手を付けてよいか分からない…
・相続手続きが煩雑で何をしてよいかわからない…
・忙しくて相続手続きをしている暇がない…
・初めての慣れない相続手続きに悩まされている…
・遺産分割方法について、適切なアドバイスがほしい…
・相続財産や相続人の特定ができない

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、千葉相続遺言サポートセンターでは、不動産の名義変更だけでなく、多岐に亘る煩雑な相続に関するあらゆる手続き(遺産整理業務)をワンストップでお引き受けいたします。

当事務所にご相談ください!

相続手続き丸ごと代行サービスバナー

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧