2.【虐待】虐待された相続人に、財産を渡す権限をなくしたい場合

状況

Bさんには、3人の息子がおりましたが、長男のCさんは、長年ギャンブルを行いそのたびに両親へお金をせがることを続けました。これ以上渡せないと拒んだ際には、激しい暴言や暴力も度々ありました。
そこで、自分達の生活を苦しめてきた長男へは、今まで金銭の授受があったことと、暴言や暴力に耐えられず、遺産を渡したくないという思いから、遺言にて2男と3男にのみ遺産を渡したいと考えられました。

ポイント

遺産相続においては、自分に対して①虐待をしてきた者、②重大な侮辱をした者、③はげしい非行をした者については、遺産を予め剥奪することができます。
ですから、いくら自分の子であろうと、虐待などをしてきた場合、遺言に残すことで自分の意思を尊重させることができるのです。
当事務所では、ご相談者様の意を汲み、長男の行為はこの虐待行為にあたるとし、2男と3男にのみ遺産を渡す遺言を作成いたしました。

遺言を書くことが有効な場合・・・ <クリックをしてご覧ください>

  1. 【行方不明者】相続人の中の行方不明者に、財産を分けたくない場合
  2. 【虐待】虐待された相続人に、財産を渡す権限をなくしたい場合
  3. 【遺留分対策】妻に全財産を遺したい場合
  4. 【遺留分対策】実親に財産を遺したい
  5. 【離婚】先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたい場合

よくご覧いただくコンテンツ一覧

ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-253-280