相続放棄相談事例

先日、当事務所へ相続放棄のご依頼をいただいたA様はお父様の相続放棄をされました。

相続放棄の効果は強力で絶対的であり、初めから相続人ではなかったものとみなされます。

しかし、今回のA様のケース。少し特殊で、A様はお亡くなりになったお父様のご両親、つまりは祖父母と養子縁組をされていたのです。そのため亡くなられたお父様とは法律上義理の兄弟にあたり、第一順位の相続人として相続放棄を認められたA様ですが、第二順位の祖父母が既に他界されていたため、第三順位のご兄弟としての地位が回ってきました。

第一順位で既に絶対的な効果により相続人ではなかったものとみなされたA様。もう一度煩雑な相続放棄の手続きをする必要があるのか?

この件に関して、今回管轄の家庭裁判所と、相続放棄の案件を数多く受付けているであろう東京家庭裁判所の二ヶ所に問合せをしてみました。その結果、回答は概ね同様なものでした。

決定版の判例が存在しないため、どちらの家庭裁判所も必ず二度手続きを要する、との確答は避けていましたが、債権者から「第三順位の地位として債務を相続している」と追及される可能性は否めないため、裁判所としては再度相続放棄の手続きをすることをお勧めしている、というものでした。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧