相続放棄相談事例

相続放棄は相続開始から3ヶ月以内に裁判所に相続放棄の申述をしなければなりません。
当事務所にて無料相談をご利用いただいたB様は3年前に亡くなりましたお兄様の相続放棄をご希望でした。
1週間ほど前に金融機関からお兄様が甲の連帯保証人であるため、甲の債務である5000万円を支払う義務をB様が相続したとの通知書が届きました。

B様からお兄様についての生前の交流・資産状況・死亡時の事などを深く聞き込みをしたところ、3年前に死亡したお兄様の相続放棄ができることがわかり、早急に相続放棄に必要となる書類等の収集をして、裁判所に相続放棄の申述書等を提出いたしました。

後日、裁判所の手続きが終了し5000万円の債務を相続することを避けることができました。

相続放棄手続きにおいて失敗はできません。特に期間経過後の相続放棄は専門家に相談することをおすすめいたします。

ブログの最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧