自筆証書遺言が見つかったが、被相続人死亡前に相続人が死亡している場合

解決事例2

 

状況

相続人は4名(母、長男、次男、三男の子)です。
父が自筆証書遺言を残して死去したので手続きをしたいとのことで、父死去前に三男は死去しているが、その子とは面識がほとんどないとのことでした。そこでどうしたら良いのか、長男の方がご相談に来られました

司法書士の提案&お手伝い

被相続人死亡前に相続人が死亡している場合、代襲相続が発生し、死亡した相続人の子が相続人となります。本件の場合、自筆証書遺言のため、遺言書の検認手続きが必要となりますが、手続きには戸籍謄本など多数の書類が必要となりますので、相続人のなかに連絡がとれない方がいる場合、他の相続人だけで手続きを進めるのは非常に困難となります。そのため、司法書士が職権で書類を収集し、裁判所に申し立てを行います。
今回の申し立て後、裁判所内で遺言書を開封した結果、全財産を長男に相続させる旨が記載されていましたので、遺言書を用いて長男名義に不動産の相続登記と預金の移し替えをし、手続きを終了しました。

結果

今回の申し立て後、裁判所内で遺言書を開封した結果、全財産を長男に相続させる旨が記載されていましたので、遺言書を用いて長男名義に不動産の相続登記と預金の移し替えをし、手続きを終了しました。

当事務所のサポート内容

相続に関して、以下のようなことにお悩みではありませんか?

・相続手続きをしなければならない遺産がたくさんあり、何から手を付けてよいか分からない…
・相続手続きが煩雑で何をしてよいかわからない…
・忙しくて相続手続きをしている暇がない…
・初めての慣れない相続手続きに悩まされている…
・遺産分割方法について、適切なアドバイスがほしい…
・相続財産や相続人の特定ができない

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、千葉相続遺言サポートセンターでは、不動産の名義変更だけでなく、多岐に亘る煩雑な相続に関するあらゆる手続き(遺産整理業務)をワンストップでお引き受けいたします。

当事務所にご相談ください!

相続手続き丸ごと代行サービスバナー

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧