再転相続放棄のケース

状況

お父様であるAさんが亡くなり、長女であるBさんが相続放棄の手続きを進めていました。

その手続きが始まり、まだ終わらないうちにお父様方の祖母にあたるCさんが亡くなってしまいました。
Bさんは、Aさんの相続はしたくありませんが、Cさんの相続については承継したいという希望がありました。

司法書士の提案&お手伝い

BさんがAさんについて相続放棄をすると、相続が発生したときにさかのぼって相続人ではなくなってしまいます。

すると、Aさんの死亡時点での相続人はCさんであるということになります。
そしてそのCさんの相続人は、Cさんからみて孫であるBさんという事になります。

BさんはCさんの立場も引き継いでいるので、継続中の相続放棄の後、再度Aさんを相続放棄する事ができるというアドバイスをしました。

結果

2回の相続放棄が裁判所に受理され、Aさんについては相続放棄をし、Cさんの相続は承継することができました。

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧