何十年も前に姿を消した母が亡くなったケース

状況

20年前に突然姿を消した母と連絡もつかずそれを最後に会う事も出来ずに過ごしていた所、突然〇〇市より遺骨の引き取りに関する手紙と債権者からの手紙が届き亡くなった事や債務があった事を知った長男A様および長女B様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。

お手紙を拝見致したところ既にお母様が亡くなられてから4ヶ月が経過しておりました。

司法書士の提案&お手伝い

A様とB様へは、死亡から3ヶ月経過した場合の相続放棄のご提案とお手続方法のご説明をさせて頂きました。

早急に戸籍の取得をし、お母様が亡くなってから3ヶ月経過しているものの、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月は経過していない旨の上申書を作成し、知った日付を証明するお手紙等とともに相続放棄申述書を裁判所へ提出致しました。

結果

裁判所より相続放棄が受理され、債権者への通知も行いA様とB様は無事に相続放棄をする事が出来ました。

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧