5年前に父が亡くなった際の相続放棄をしたケース

 

状況

相談者のA様は父が5年前に死亡し葬儀にも出席をしましたが、亡くなる10年以上前から交流はなく、葬儀の際にも父の面倒を見ていた兄からは相続するものは何もないと聞かされていました。

A様は相続放棄の手続をしないでいたところ、突然債権者から債務があったことを知らせる通知が自宅に届きました。

司法書士の提案&お手伝い

父の死亡を知っていたこと、死後5年が経過していることもあり、今回相続放棄の手続きを行っても却下される可能性がある旨をご説明し、被相続人との生前の関係性から今に至るまでの詳細を聞き取るためA様と数度にわたって面談をした上で、現在まで相続放棄手続をしなかった理由などをまとめた上申書を作成し、相続放棄の申述をしました。

結果

家庭裁判所にて相続放棄が受理され、債権者への通知も行いA様は無事に相続放棄をする事が出来た。

 

 

 

 

 

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧