あまり交際の無かった親族を含む相続放棄を受任したケース

 

状況

相談者A様の伯父が亡くなった。伯父には子どもがいなかった。そのため、甥にあたるA様及びA様ののいとこ(被相続人の甥姪)が相続人となっていた。

伯父には財産は無く、A様はいとこの方々とあまり交際が無く、相続人全員とも関わりたくないから相続放棄をしたいとのことで、弊所に相談に来られました。

司法書士の提案&お手伝い

司法書士からA様の相続放棄の手続を進めました。また、いとこの方々の連絡先を聞き、A様が相続放棄をする旨を説明しました。いとこの方々にも「相続した場合」「相続放棄をした場合」どうなるのかを説明をしたところ、皆様も相続放棄を希望したため、弊所にて相続放棄の手続きをいたしました。

結果

親族全員と協調して相続放棄を進め、無事受理されました。

 

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧