お悩み別の解決事例

遺言公正証書の内容とは異なる相続手続きが発生したケース

状況遺言書があるので叔母のマンションを相続したいとご相談に来られたA様がいらっしゃいました。司法書士の提案&お手伝い調査をするとそのマンションは叔母B様とその配偶者C様の共有物件でした。叔母夫婦はお互いに遺言公正証書を作成していましたが、C様の死後に叔母B様はその遺言公正証書を使って名義変更をしていませんでした。本来配偶者の死後、叔母B様に遺言書どおりに名義変更するのが一般的なのですが、叔母B様は
続きを読む >>

相続人が兄弟しかいないケース

状況お子様のいらっしゃらないご夫婦がご相談にいらっしゃいました。お二人ともご両親は既に亡くなられており、このままご相続が発生してしまった場合、残された方は配偶者のご兄弟との間で遺産分割をしなければなりません。このような状況では、どちらかの方が亡くなってしまわれると、その相続人は残された配偶者と、被相続人のご兄弟、場合によっては甥姪の方(代襲相続の場合)となってしまうからです。司法書士の提案&お手伝
続きを読む >>

相続で揉めそうになっていたケース

状況お子様や奥様のいらっしゃらないご兄弟が亡くなられ、ご相談にいらしたAさんがいらっしゃいました。Aさんは、亡くなられた被相続人の方と同居されており、ご自宅を共有されていらっしゃいました。そのため、遺産分割が不調になった場合についてご不安を抱いていらっしゃいました。Aさんの他にご兄弟の相続人は3名いらっしゃいました。そのうち2名の方とは今でも交際があり、ご相続に関するお話し合いは見通しが立っていま
続きを読む >>

養子の相続人に相続させたいケース

状況千葉市在住のA様(70代)からのご相談。5年前にA様の姪であるB様を養子縁組をしたとのこと。そのC様が1年前に亡くなり、A様ご自身が死亡した場合の遺産が誰に相続されるのか教えて欲しいとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。A様の妻のY様は3年前に亡くなっています。A様にはお子様がおらず、ご両親は既に亡くなっており、兄弟姉妹は姉がおりましたが、姉も7年前に亡くなられています。姉の子がB
続きを読む >>

未成年者の相続人がいるケース

状況夫が亡くなり、自宅不動産と預貯金の相続手続の相談にいらっしゃいましたA様。相続人はA様と長男のB様(13歳)の計2名。自宅不動産も預貯金もA様名義にすることをご希望でした。司法書士の提案&お手伝い未成年者は遺産分割協議ができません。本来は未成年者の代わりに親権者が遺産分割協議を行います。ところが今回のケースのように、未成年者と親権者が共に相続人である場合は、親権者が未成年者の代理人として協議の
続きを読む >>

何十年も前に姿を消した母が亡くなったケース

状況20年前に突然姿を消した母と連絡もつかずそれを最後に会う事も出来ずに過ごしていた所、突然〇〇市より遺骨の引き取りに関する手紙と債権者からの手紙が届き亡くなった事や債務があった事を知った長男A様および長女B様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。お手紙を拝見致したところ既にお母様が亡くなられてから4ヶ月が経過しておりました。司法書士の提案&お手伝いA様とB様へは、死亡から3ヶ月経過した場合の相
続きを読む >>

再転相続放棄のケース

状況お父様であるAさんが亡くなり、長女であるBさんが相続放棄の手続きを進めていました。その手続きが始まり、まだ終わらないうちにお父様方の祖母にあたるCさんが亡くなってしまいました。Bさんは、Aさんの相続はしたくありませんが、Cさんの相続については承継したいという希望がありました。司法書士の提案&お手伝いBさんがAさんについて相続放棄をすると、相続が発生したときにさかのぼって相続人ではなくなってしま
続きを読む >>

意思能力が無い相続人がいるケース

状況叔父が亡くなり、預貯金の相続手続の相談にいらっしゃいましたA様。被相続人は独身で子がおらず、相続人はA様(母が被相続人の姉で2年前に死亡)と伯父のB様(被相続人の兄)の計2名。B様は10年前に認知症を発症し、今は施設にて生活をしています。B様の症状は会話をすることもできず、意思能力がありませんでした。A様はB様と遺産分割協議をすることができずお困りでした。司法書士の提案&お手伝い認知症により自
続きを読む >>

被相続人が朝鮮籍から日本国籍に帰化していたケース

状況相続登記をしたいが、被相続人が成人後に朝鮮籍から日本国籍に帰化していて、相続登記の必要書類である被相続人の出生から帰化するまでの戸籍謄本など証明書を取得することができず困っているとのご相談がありました。司法書士の提案&お手伝い外国人登録原票(平成24年に廃止した制度。平成24年以前のものは出入国在留管理庁で管理している。)を取りよせるようにサポートをしたが記録が残っておらず交付できないとの回答
続きを読む >>

何十年も前に姿を消した母が亡くなったケース

状況20年前に突然姿を消した母と連絡もつかずそれを最後に会う事も出来ずに過ごしていた所、突然、市より遺骨の引き取りに関する手紙と債権者からの手紙が届き亡くなった事や債務があった事を知った長男A様および長女B様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。お手紙を拝見致したところ既にお母様が亡くなられてから4ヶ月が経過しておりました。司法書士の提案&お手伝いA様とB様へは、死亡から3ヶ月経過した場合の相続
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

よくご覧いただくコンテンツ一覧