成年後見

相続人同士が成年被後見人とその後見人になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース

状況 ①札幌に住んでいた叔母が死亡し、その叔母には子供がおらずに、兄弟相続となりました。 兄弟は5名いましたが、ほとんどの兄弟は高齢になり既に死亡し、それぞれの兄弟の子供たちが相続人となっているケースでした。 相続人のうちで成年被後見人(兄)とその後見人(弟)の関係の兄弟がおり、このままでは利益相反に当たるため、遺産分割協議が出来ない状態でした。 また、成年被後見人以外の相続人間
続きを読む >>

よくご覧いただくコンテンツ一覧