遺産分割

土地所有者が4代前の名義だったケース

状況 父親が死亡し、空き家になった南房総市の実家を売却処分をご希望の長男A様および二男B様が当事務所にご相談にいらっしゃいました。 実家の土地建物の名義を当事務所で調査したところ土地のうち一筆は4代前の先祖名義(万延生まれ)となっていました。 司法書士の提案&お手伝い 相続人確定の調査のため、戸籍を取得したところ相続人は48名。相続人は関東、中部、九州地方等全国にいらっしゃいました。
続きを読む >>

遺産である不動産を現金化したケース

状況 定年退職を期に都内から館山市に移住し田舎暮らしをしていた父母だったが、父が亡くなり、長男のA様は母を引き取り同居することとなった。 館山市の両親の自宅はA様を含め他の相続人も必要ないとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。 司法書士の提案&お手伝い 館山市の不動産をそのまま所有していても活用方法がないので、売却をし現金化した上で相続人同士で分け合うことをご提案しました。
続きを読む >>

父親が遠方の銀行に口座をもっており、その口座の預貯金の解約手続きをしたケース

状況 ①四街道市在住の竹中さんが、父親が亡くなり鹿児島の南日本銀行に預金口座(預金残高50万円)を作っていたことがわかったが、その銀行の手続きのために鹿児島に行くことはできず、解約手続きのやり方がわからないと言うことで当事務所に相談にいらっしゃいました。 司法書士の提案&お手伝い ①全ての手続きを郵送で行います。 結果 ①仕事が忙しい竹中さんは、ご自分で手続きするよりも圧倒的に早く手
続きを読む >>

大きい土地を兄弟で相続したが、遠方に住んでいるため土地を分筆して売却したケース

状況 ①市川市在住の村田さんからお父さんが亡くなった事で起きた相続で遺産分割協議のお手伝いを依頼されました。 ②相続財産は市川にある300坪の土地です。 村田さんは2人兄弟の長男で弟は仕事の関係で大阪に住んでいます。 不動産を共有名義にするかどうかでのご相談で当事務所にいらっしゃいました。 司法書士の提案&お手伝い ①1つの土地を共有名義で所有する場合、土地を売却するためには、
続きを読む >>

兄弟姉妹がたくさんいて、相続人だけで20名ほどの大人数になってしまったが粘り強く解決へ導いたケース

状況 ①市原市に住む村上さんは、8人兄弟の末っ子です。 長男と末っ子の村上さんは20歳ほど年が離れています。 そして子供のいない長男が亡くなり、相続となったのですが、兄弟の中には既に亡くなっている方もいて、相続権が兄弟の子供たちに移ったりして、相続人が20名ほどに膨れ上がり、手続きが煩雑になってしまったことで、当事務所にご依頼いただきました。 司法書士の提案&お手伝い ①全国に散
続きを読む >>

遺言はないが姉妹同士で遺産争いになりかけて無事に解決したケース

状況 ①成田市で農家を営む長嶋さん(82歳)は、数年前にご主人を亡くしてしまいました。 長嶋さんは成田の自宅で一人暮らしをしており、長女は千葉市、次女は杉並区に住んでいました。 亡くなったご主人は生前次女の旦那をかわいがっていました。またご主人は生前に「農業を受け継ぐことを条件に成田の家と必要な財産を次女とその旦那に渡す」と話をしていました。 しかし、実際には次女の旦那は農業はや
続きを読む >>

遠方にある相続した土地が曽祖父の名義になっており、長い間名義変更されていなかったケース

状況 ①新潟市に住んでいる父親が亡くなってしまい、船橋に住んでいる鈴木さん(61歳)から当事務所にご相談いただきました。 亡くなった父親の住んでいた土地の内の1つに曽祖父名義のままになっているものがありました。その土地を鈴木さん名義に変更したいというご依頼でした。 司法書士の提案&お手伝い ①祖父が曽祖父の家督相続をしていたことが戸籍の記載によって分かりました。 その祖父から父親
続きを読む >>

仲の悪い兄弟同士で土地を相続するとトラブルになるために土地を売却して現金を分割したケース

状況 ①市川市に住む加藤さんは、母親が亡くなり相続が開始したため、遺産分割と不動産の名義変更の相談にいらっしゃいました。 加藤さんは、大阪在住の4つ離れた妹(54歳)がおりますが、性格が極端に異なるために、子供のころから仲良くなく、母親の遺した財産である埼玉の土地と100万円ほどの現金を、どのようにしようか悩んでおられました。 司法書士の提案&お手伝い ①相続した土地を姉妹で共有の名
続きを読む >>

相続人同士が成年被後見人とその後見人になっており、特別代理人を選任して無事に遺産分割を成立させたケース

状況 ①札幌に住んでいた叔母が死亡し、その叔母には子供がおらずに、兄弟相続となりました。 兄弟は5名いましたが、ほとんどの兄弟は高齢になり既に死亡し、それぞれの兄弟の子供たちが相続人となっているケースでした。 相続人のうちで成年被後見人(兄)とその後見人(弟)の関係の兄弟がおり、このままでは利益相反に当たるため、遺産分割協議が出来ない状態でした。 また、成年被後見人以外の相続人間
続きを読む >>

亡くなった母親には実は離婚歴があり、面識のない異父兄弟と相続をするケース

状況 ① 大阪出身の吉田さん(52歳)からの相談。 15年前に父親が亡くなったときに、一人っ子の吉田さんではなく母親が全部財産を受け取るような遺産分割協議をしておりました。 最近、母親が亡くなり、遺産は一人っ子である自分がすべてを相続すると思いながら相続手続きに必要となる戸籍を収集していたところ、母親に吉田さんが知らない子(吉田さんの異父兄弟)がいたことが発覚しました。 司法書士の
続きを読む >>

<< 前の記事を見る

よくご覧いただくコンテンツ一覧