不動産売却代理サポート

    • 不動産売却代理サポートはこんな方にお勧めです!

    • ・相続税を支払う必要があり、今すぐ現金が手元に欲しい
    • ・被相続人が亡くなったことで空き家となった家屋を売却しようと考えている
    • ・平日の日中は仕事で忙しくて相続手続きや売却の手続きのために時間が取れない
    • ・不動産を売却したいがどこに相談したらいいか分からない
    • ・遠方に不動産を保有しているので、売却したいがなかなか行くことができない
    • ・他の相続人と顔を合わせることなく共有相続不動産を売却したい
    • ・共有している不動産を売却したいが話し合いがスムーズにいかない
    • 相続不動産を売却した方が良いケース

    • ケース1:遺産が土地のみで、相続人が複数人の場合

      不動産売却ケース1  

    • Aさん(58歳 男性)は、地主であるお父様が亡くなりました。

      Aさんのお父様は自宅周辺に土地を沢山保有していた為、相続税が発生しましたが、現預金、株式などの金融資産は保有していませんでした。

      この状態で、遺産分割協議を進めると

      ・土地は基本的には分割することができないので、特定の相続人だけがその不動産を相続すると、相続人間で不公平感が出て、後々揉めることが想定されます。

      ・土地を共有名義で相続しても、将来的に「売却する」、「自宅を建てたい」、「貸したい」などの土地活用をする際に、全員の同意が必要になり、揉める原因となってしまいます。

      ・共有名義のまま、相続して放置すると、現在の相続人のうち誰かが亡くなった場合、さらにその次の相続人に権利が移るので収拾がつかなくなり、土地活用も売却(現金化)も困難になってしまいます。

      ※現預金などが沢山あれば、土地を相続しなかった相続人がその現預金を相続すれば丸く収まります。

      ケース2:今後住む予定のない不動産を相続した場合

      不動産売却ケース2

      Hさん(70歳 女性)は、夫の死亡にともない、別荘を相続しました。

      しかし、その別荘は県外にあり、Hさん自身高齢になってきたこともあり、最近はほとんど利用することがありません。

      この状態で、利用しない不動産を相続すると…
      ・自宅の維持費(修復、管理など)、管理費用が掛かかる
      ・固定資産税(保険)を払い続けなくてはならない
      ・誰も住まない家はすぐに傷んでしまい、価値が下がる

      など、不動産を活用せずに保持しているとメリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまいます。

      相続した不動産の活用予定がない場合は、売却して現金化することで、生活費やその他の投資の資金として活用することをお勧めします。

      ケース3: 納税資金を融通しないといけない場合

      不動産売却ケース4

      Aさん(58歳 男性)は、 地主であるお父様が亡くなりました。

      Aさんのお父様は自宅周辺に土地を沢山保有していた為、相続税が発生しましたが、現預金、株式などの金融資産は保有していませんでした。

      そのため、Aさんは相続税を現金で納付することが難しい状況です。

      この状態で、急ぎ納税対策(現金を用意)をしないと…
      ・相続税は、原則として現金で納めるルールになっています。
      ・相続発生後10ヶ月以内に相続税を納付する必要があり、
      それ超えると追加で延滞税を納めなければなりません。
      ・不動産の売却までに、「不動産査定」⇒ 「測量」⇒ 「販売活動」⇒ 「売買契約」⇒ 「所有権の移転」と様々な手続きが必要で時間がかかるため、急がないと「売却できない」、「不利な条件で売却する」ことになってしまいます。

      以上のことから、相続税の支払いが困難な場合は、相続不動産を売却して納税資金を確保することをお勧めします。

      ※相続税を納税したとしても、その後不動産を所有していると、固定資産税が掛かり続けます。

      ケース4:親が高齢で認知症のリスクがある場合

      不動産売却ケース3

      実家が親名義の場合、高齢になったときに実家をどうするかという問題もあります。
      親に介護が必要になり施設に入所させたい場合、実家を売却して入所の資金に充てたいと考える方もいらっしゃいます。

      介護施設に入所前親が認知症になってしまうと、実家の売却が困難になることがあり、結局実家を処分できず苦労するケースが多数あります。

    • 不動産売却代理サポートとは

    • 不動産売却代理サポートは「相続手続き」から「相続不動産の売却」までの手続きを一括してサポートいたします。

    • 相続手続きから相続不動産の売却までをご自身で行うことは時間と労力がかかるものであり、様々な手続きが必要になります。

    • 当事務所では、相続の専門家が最適な不動産会社を見つけ、媒介契約の締結から売買契約の締結、必要書類の準備、残金決済への出席、引渡しなど一括してサポートいたします。

    • ご自身で手続きをする場合

    • ご自身で相続手続きから売却手続きされる場合1
      • 当事務所の不動産売却代理サポート

      • 当事務所の不動産売却代理サポート1
    • 不動産売却代理サポートをご依頼いただくメリット

    • 全ての手続きを一括代行

    • 相続の専門家が相続手続きから不動産会社の選定、売却までの手続きを一括して代行いたします。

    • スピーディーに現金化が可能

    • 相続税をすぐ払わないといけないなど、今すぐ現金が必要な方に対して当事務所と不動産会社で売却までを素早くサポートいたします。

    • 売却手数料が安い

    • 当事務所は提携している不動産会社があることから、通常の不動産会社よりも安い手数料で不動産の売却代理手続きを進めることができます。

    • 不動産売却代理サポート

    • 当事務所では「相続手続き」から「相続不動産」の売却までを一括してサポートしております

      亡くなられた方の不動産の相続登記(名義変更)から不動産売却までを相続人へ売却経費を差し引いた代金の分配(換価分割)までを一括してお任せしていただける業務です。

      相続における遺産分割や相続登記手続き、不動産売却については当事務所へご相談ください。

サポート サポート料金
不動産売却代理サポート 不動産売却代金 × 1.5%

※料金は残金決済時に頂戴しますので先にお支払いしていただく必要はありません
※ 上記報酬の他に、別途実費をいただきます


よくご覧いただくコンテンツ一覧