帰化申請の概略  

帰化申請手続きの流れ

①申請人の住所地を管轄する法務局での相談に同行

②必要書類の収集・作成

③管轄法務局への提出・申請

④法務局でのインタビュー・追加書類提出(要請があった場合)

⑤法務大臣による決裁

⑥官報告示

⑦法務局から本人へ通知

⑧帰化届の提出・在留カードの返納

手続きの流れ詳細

①法務局での相談

電話で法務局の予約をとります。予約から相談までに1か月近くかかる場合もあります。

ここで帰化許可申請の要件や、提出書類を確認します。

②提出書類の収集・作成

官公署からの書類や、時には本国からの書類をとりよせます。また、申請書等を作成します。ケースによって取得するべき書類が異なります。

 ③管轄法務局への提出・申請

あらかじめ担当者と打ち合わせをし、申請日時を決定します。ここでもまた予約日から申請日までに時間が空くことがあります。

ここでも司法書士が同行します。

④法務局でのインタビュー

ここでは司法書士は同席することができません。申請書の記載事項について確認されます。

⑦法務局から本人へ通知

許可の場合、法務局の担当者から申請人本人に許可の通知が行われます。申請日から10か月から1年かかります。

よくご覧いただくコンテンツ一覧