遺言はどのような場合有効か?

生前に遺言を書かれる場合、「誰に」「どのような背景があって」「どのように」財産を分けたいかによって、遺言に書くべきことは異なります。

また、遺言には決まった形式がありますので、それに従わなければせっかく作ったものが無効になって、
財産の分け方に反映ができなくなってしまうため、注意が必要です。

詳しくは「遺言の種類」のページをご覧ください。

皆様の中には、
では、「どんな場合に、どのように遺言を書いたほうがよいのだろうか。」と
思われる方も多いでしょう。

以下では、特に遺言を書くことをおすすめする場合を記載し、
当事務所がどのように解決できるのかをお伝えします。

遺言を書くことが有効な場合・・・ <クリックをしてご覧ください>

  1. 【行方不明者】相続人の中の行方不明者に、財産を分けたくない場合
  2. 【虐待】虐待された相続人に、財産を渡す権限をなくしたい場合
  3. 【遺留分対策】妻に全財産を遺したい場合
  4. 【遺留分対策】実親に財産を遺したい
  5. 【離婚】先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたい場合

よくご覧いただくコンテンツ一覧