4.【遺留分対策】実親に財産を遺したい場合

状況

Dさんは、小さな頃から養子に出ていました。
不幸にも、育ての両親には養子として幸せとは言えない暮らしを過ごしました。また、現在両親は金銭的にも恵まれた生活をしていました。
一方、自分を生んでくれた両親は、若い頃から病気がちで、今も病院への入退院を繰り返していました。
そこで、現在重病にかかってしまったDさんは、自分が亡くなった時には、自分の親に遺産を残したいという強い思いがあり、遺言を書きたいというご相談を受けました。

ポイント

遺産相続では、予め誰にどの程度の割合で分けるのかが法律で定められています。
まずは、財産の半分を配偶者へ渡すことになっていますので、病気や介護のために実親へより多くの財産を残したいという場合は、遺言を残しておくことが重要です。
当事務所では、Dさんの思いを尊重し、実親への医療費へより多くの財産を残せるような遺言を作成しました。

遺言を書くことが有効な場合・・・ <クリックをしてご覧ください>

  1. 【行方不明者】相続人の中の行方不明者に、財産を分けたくない場合
  2. 【虐待】虐待された相続人に、財産を渡す権限をなくしたい場合
  3. 【遺留分対策】妻に全財産を遺したい場合
  4. 【遺留分対策】実親に財産を遺したい
  5. 【離婚】先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたい場合

よくご覧いただくコンテンツ一覧