5.【離婚】先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたい場合

状況

Eさんは、15年前に離婚し、現在再婚した妻と子供2人と幸せに暮らしています。
前妻のFさんも、再婚をして幸せに暮らしていることを友人を通して聞いていました。
離婚をする際に、前妻と揉めてしまったため、今まで子供に会うことは許されませんでした。
そこで、Eさんは、現在の家庭を守ることができるのは自分しかいないということで、先妻の子よりも後妻との子供に多く遺産を残したいという思いがありました。

ポイント

離婚をした場合であっても、前妻の子、後妻の子は同様に子供として扱われるため、同じ額だけの相続をすることになります。
しかし、年齢や職業、前妻が再婚しているなどの理由で、均等に遺産を分けたくない場合は、遺言を書くことが必要です。
当事務所では、現在の状況をEさんから伺い、先妻の子よりも現在の妻、子供に遺産を多く残せるような遺言を作成のお手伝いをいたしました。

遺言を書くことが有効な場合・・・ <クリックをしてご覧ください>

  1. 【行方不明者】相続人の中の行方不明者に、財産を分けたくない場合
  2. 【虐待】虐待された相続人に、財産を渡す権限をなくしたい場合
  3. 【遺留分対策】妻に全財産を遺したい場合
  4. 【遺留分対策】実親に財産を遺したい
  5. 【離婚】先妻の子よりも後妻の子に多くの財産を相続させたい場合

よくご覧いただくコンテンツ一覧