遺言はないが姉妹同士で遺産争いになりかけて無事に解決したケース

zirei7-thumb-650x462-297-thumb-650x462-298

状況

①成田市で農家を営む長嶋さん(82歳)は、数年前にご主人を亡くしてしまいました。
長嶋さんは成田の自宅で一人暮らしをしており、長女は千葉市、次女は杉並区に住んでいました。
亡くなったご主人は生前次女の旦那をかわいがっていました。またご主人は生前に「農業を受け継ぐことを条件に成田の家と必要な財産を次女とその旦那に渡す」と話をしていました。
しかし、実際には次女の旦那は農業はやらずにサラリーマンとして東京の会社に勤務し、杉並に住んでいました。

そして、長嶋さんのご主人が亡くなったタイミングで次女夫婦が長嶋さんに「成田の自宅と財産は自分たちのものだ」と主張してきました。これには、長嶋さんも長女もあきれてしまいました。

ただ、長嶋さんは娘たちには仲良くして欲しいという想いが強く、長嶋さん自身には争う気はありませんでした。

司法書士の提案&お手伝い

①そこで、当事務所では長嶋さん親子に対して相続人の立場によって遺産がどのくらい貰えるかは決まっていること(法定相続分)を説明し、このまま争い続けて裁判をするメリット・デメリットを説明しました。

結果

①その結果、相続人同士で争うことなく成田の自宅は長嶋さんが、長女と次女は現金を分ける事になりました。あのまま裁判まで発展していたら、
①高額な裁判費用(相続財産が目減りしてしまいます)、
②裁判で解決するまでの膨大な時間(数年間は掛かります)、
③肉親と争いごとをしなければならない精神的な苦痛が重く圧し掛かっていたことでしょう。

当事務所のサポート内容

相続に関して、以下のようなことにお悩みではありませんか?

・相続手続きをしなければならない遺産がたくさんあり、何から手を付けてよいか分からない…
・相続手続きが煩雑で何をしてよいかわからない…
・忙しくて相続手続きをしている暇がない…
・初めての慣れない相続手続きに悩まされている…
・遺産分割方法について、適切なアドバイスがほしい…
・相続財産や相続人の特定ができない

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、千葉相続遺言サポートセンターでは、不動産の名義変更だけでなく、多岐に亘る煩雑な相続に関するあらゆる手続き(遺産整理業務)をワンストップでお引き受けいたします。

当事務所にご相談ください!

相続手続き丸ごと代行サービスバナー

相続手続きを詳しく知りたい方は・・・

土地や建物など、不動産の相続する場合、相続手続きが必要になります。
以下のページから、詳しい相続登記(不動産の名義変更)の解説をご覧になれます。

>> 相続登記(不動産の名義変更)について

解決事例の最新記事

よくご覧いただくコンテンツ一覧